忍者ブログ

いつか役立つかもしれない料理メモ

自分で作った料理のレシピをあとで振り返るときのための備忘録的ブログ
2017/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01

材料

ウズラの卵の水煮 15個 (1缶/約50個)
酢 大さじ5 (1/2カップ)
砂糖 大さじ5 (1/2カップ)
塩 大さじ1/2


作り方

酢、砂糖、塩を10:10:1の割合で入れて混ぜ合わせてサワー液を作る

密閉容器にウズラの卵とサワー液を入れ、蓋を閉めて2,3時間漬け込む


かつてはなまるマーケットで紹介されていたレシピ。
我が家では定番。簡単で美味しい。
大瓶ジャムの空き瓶(ウズラ卵1缶の中身がすっぽり収まるサイズ)に
ウズラ卵とサワー液を入れて蓋をし、最初はひっくりかえした状態で
保存すると、瓶の口に近い方から漬かっていくので、サワー液が
ウズラの半量程度までしか漬からない量であっても
消費後半に瓶を普通に立てて保管すれば
底の方が漬かっていくので最後まで美味しく食べられる。

これも先日の花見で振る舞った品。角煮ともども好評でよかった。

拍手[1回]

PR
材料

豚バラ肉650g
サラダ油100cc
長ネギの緑色部分1本分
生姜スライス10枚くらい
紹興酒1/2カップ
みりん1/2カップ
コーラ1カップ
醤油1/4カップ
ぽん酢醤油1/4カップ
花山椒小さじ1
和風粉末だし小さじ1
オイスターソース小さじ1


作り方

豚バラ肉をまな板の上に乗せ、麺棒でまんべんなく叩いて繊維をほぐす

肉を一口大に切り、フライパンに油100ccを入れて全面に焼き色がつくように返しながら5分間焼く

5分経ったらフライパンから肉を取り出し、ざっと油を切る

豚バラ肉と長ネギの緑色部分と生姜半量を鍋に入れ、肉が浸かる程度の水を入れ、弱火で4時間下茹でする

豚バラ肉を取り出し、肉に付いた余分な油をペーパータオルなどで取り除く

鍋に豚バラ肉を入れ、紹興酒、みりん、コーラ、醤油、ぽん酢醤油、花山椒、和風粉末だし、オイスターソース、生姜の残りを入れて弱火で加熱

煮立ったらとろ火にして落とし蓋をして1時間煮込む


前回のは随分味が濃かったので、やり直し。
豚バラ肉をなるべく整った形のまま作りたかったので、包丁研いでから切った。
均等な大きさにしてフライパンで全面焼き色つけるようにすると、肉が程好く縮んで
最後の煮込み工程で入れる調味料が少なくてもきちんと肉が浸かるようになった。
この角煮は今度の花見に持ち込み予定。うまくいっているといいが。

拍手[0回]

材料

豚バラ肉700g
サラダ油(分量外)
長ネギの緑色部分1本分
生姜スライス10枚くらい
紹興酒1カップ
みりん1カップ
コーラ350cc
醤油1/2カップ
ぽん酢醤油1/2カップ
花山椒小さじ1
和風粉末だし小さじ1
オイスターソース小さじ1


作り方

豚バラ肉をフォークでめった刺しにして繊維をほぐす

肉を一口大に切り、たっぷりの油で揚げるor焼く

豚バラ肉の表面に充分火が通ったら油から取り出し、ざっと油を切る

豚バラ肉と長ネギの緑色部分と生姜半量を鍋に入れ、肉が浸かる程度の水を入れ、弱火で4時間下茹でする

豚バラ肉を取り出し、肉に付いた余分な油をペーパータオルなどで取り除く

鍋に豚バラ肉を入れ、紹興酒、みりん、コーラ、醤油、ぽん酢醤油、花山椒、和風粉末だし、オイスターソース、生姜の残りを入れて弱火で加熱

煮立ったらとろ火にして落とし蓋をして1時間煮込む


出来上がり後、タッパーに入れて冷蔵保存しておくと油が浮いてくるので、
この油を取り除いておくとカロリーを抑えられる。
下茹でに時間をかけることで、脂身の多い豚バラ肉でもわりとしつこくない仕上がりになる。
火の通し方はためしてガッテンのレシピを参考にした。
調味料はオリジナル、というか自宅にあるものなどでアレンジした。

拍手[0回]

ケチャップの隠し味にカレーペーストを入れると、なかなかおいしいことを発見。
事例1:パスタの味付けにケチャップとカレーペーストを使ったら、大成功。
事例2:オムライスの中身に使ったケチャップライスの隠し味にカレーペーストを入れたら、んまかった。
汎用性の高さはなかなか。今までケチャップには中濃ソースを合わせるのが定番だったが、
カレーペーストの方が好みの味になるので、今後多用する予感。

拍手[0回]

今日相方が作ってくれたおにぎりの具が目新しくかつ美味しかったので、覚書。

干し網に入れてベランダでセミドライ程度に乾燥させたゴーヤをスライスしたものに、
砂糖少々を合わせた味噌をからめておにぎりの具にしたものを、相方が作ってくれた。

これが予想外の美味しさでビックリ。
味はゴーヤと味噌のまんまだが、量が丁度良かったのか、両者の味がバランス良く混ざり、
食の進む味になっている。そして食感が面白い。刻んだたくあんみたい。
相方いわく、これを思いついたヒントはばっけ味噌だそうな。
有川浩の植物図鑑で取り上げられていたので、私も覚えていた。
やるじゃないか、相方よ。

拍手[0回]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
たらこおにぎり
性別:
非公開
趣味:
料理、合唱、ゲームなど色々
自己紹介:
自分の担当:主に料理、ブログUP
相方の担当:写真撮影、時々料理

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

最新CM

[04/22 たらこおにぎり]
[04/21 萌野つくし]

最新TB

フリーエリア

P R

| HOME Next >>
Copyright ©  -- いつか役立つかもしれない料理メモ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]